アパレル人は業務効率化ツール、Trelloを使うべきだ。

まだまだアナログなアパレルの世界。

これは実際に働いているので日々感じるところではあります。

例えば

  • 日報をの紙ベースのノートで書いている
  • シフトの管理
  • 日々のやることリストの共有

など紙ベースで行なっていることも多く、せっかくITという便利なものが溢れているこの世の中。もっとこれらを活用すればいいやんと思う。

今回の記事は僕が個人的にアパレルの業務で取り入れるべき業務効率化ツールを紹介していきたいと思います。

Trelloとは 要はTodo掲示板〜やることリストの進捗など一発でわかる優れもの〜

もうこれは絶対に導入しておきたいツールの一つです。

Trelloはタスク管理ツールです。

もっとわかりやすく言えばみんなが観れるTodo掲示板みたいなものです。

アパレル、特に店舗などの業務では次々にタスクが増えていくものです。

例えば

  • 新規の商品を店頭に出す
  • 他の店舗に在庫を送る
  • マネキンの着せ替え
  • お客様対応(返品や交換)
  • セールのため価格のシール替え
  • ストックの整理
  • レイアウト変更

など、これ以外にもたくさん業務があります。

これらを、紙やLINEのメッセージ、メールなど複数のもので管理している方も少なくはないはずです。

そこでこのTrelloを導入すれこれらの作業もれや進捗を視覚的にもわかりやすく確認することができます。

なぜTrelloを使うのか

ほぼほぼ、アパレルの社員さんなどは今日のやることなど、ほぼメッセージでやりとりしてるのではないでしょうか。

メッセージももちろん便利ですが、タイムラインでメッセージが流れ見逃したり、タスクの追加などで結構ごちゃごちゃしてしまうと思います。

プライベートと仕事の切り替えという面でも、Trelloがあれば作業や共有漏れの心配がなくなり、スマホがあればどこでも進捗ができ、コメントでもやりとりが可能。

ざっとTrelloを導入すべき点をまとめるとこんな感じ。

  • やることが明確になり、作業漏れを防ぐことができる
  • 現在の進捗がわかる
  • プライベートと仕事を切り分けられる
  • どこでも確認できる

    Trelloのざっくりな実用例 実際に使ってみる

    例えばtrelloではこのように項目別にリストを追加でき、今日やることなどのタスクを自由に追加することができます。

    今回はリストを今日やること作業中完了事項の三つに分けています。

    このように今日やることのリストにどんどん本日の業務を追加していけば、今日やるべき業務が可視化できます。

    それぞれのタスクはドラッグすればこのように(今回は作業中に移動)進捗状態が直感的にわかります。

    こんな感じ

    またそれぞれのタスク(カード)に

    • 期限
    • チェックリスト
    • 誰がやるかなどのメンバー指定
    • 添付ファイルの追加(google driveとかローカルコンピューターにあるものなど
    • コメントの添付
    • 重要度の高いものは色を指定できる(今回は赤)

    など付け加えることができます。

    こんな感じ。

    めちゃくちゃわかりやすくないですかこれ!

    もちろん、アカウントを作ればスタッフ全員が確認できますし何より作業漏れの心配が格段に減るのではないでしょうか。

    パソコンはもちろんスマホでも公式アプリがあり、どこでも確認できます。

    Trelloの公式HPはこちらから

    有料版もあるのですが、今回記事で紹介したような機能は無料版でも使えます!

    かなり便利なのは間違いないので、まだ導入していない方や、個人のtodo管理でも使いたいという方にも使ってもらいたいツールでした。

    SPONSORED LINK