【最適なSNS投稿の時間帯とは】ファッション公式アカウントにおけるLINE@通知時間帯を分析した結果、9:00-9:30の投稿が最も多かった。

インターネットが普及していく、現代においてリアルの場ではなくオンラインでの施策はかなり重要になってきています。というか、もはや重要です。

SNSやブログ、メディア、お知らせメールなど今では様々なインターネット上で情報を受け取ることができます。

企業側の視点に立つと、このようなSNSやブログ、メディア、お知らせメールの効果が最大化されるためには、内容はもちろん、どんな時間帯に送信するかということがとても重要となってきています。同じ内容でせっかく、通知をするならより多くの人々に見てもらう時間帯がいいですよね。

そこで今回は、ファッション分野における、最適な時間帯を独自でLINE@のサービスを用いて調査してみました。

なぜLINE@のプッシュ通知なのか

今回なぜ、LINE@のプッシュ通知を分析の材料にしたかというと、以下3つの理由があるからです。

  1. 仮説として、各公式アカウントは一番ユーザーに届く時間帯を独自の調査で洗い出しているはず→この時間帯を各アカウントの属性(価格帯やブランドの特徴を参考にしながら)にまとめればもっともユーザーに届く時間帯がわかるはず。
  2. LINE@のメッセージの特徴として、セール情報や新作商品の情報、その他イベントなど売り上げに直結するような内容が多いため、テキトーな時間帯に通知していない。かなり精査された時間帯を知ることができそう
  3. 僕自身が割と手軽に分析できそうだから。←重要

LINE@のプッシュ通知の時間帯を調べることによって、よりユーザーがみてくれる時間帯を知ることができる→SNSの告知や記事のアップ時間などの参考になるはず

LINE@のプッシュ通知の時間帯を調べてみる

ということで、できる限りのアパレルに関係する公式アカウントを僕のLINEのお友達に追加していきます。

今回集めたのが、以下の38つの公式アカウントと合計116つの時間帯の投稿です。

公式アカウント

[.st]/ドットエスティ
ANAP
AZUL by moussy
BEAMS
Begin NEWS
COACH
Dior
ELLE
ELLE JAPAN
ELLE NEWS
Esquire
Foever21
GAP
GQ JAPAN
GU
GUCCI
H&M
HERMES
INGNI STORE
JILL by JILLSTUART
LACOSTE
LEON
Levis
LOUIS VUITTON
MENS NON-NO
MICHEL KORS
MIU MIU
OLIVE des OLIVE
PRADA
Ralph Lauren
SHOP LIST
SPINS
TOMMY HILFIGER
UNITED ARROWS
VALENTINO
VIVI
VOGUE JAPAN
WEGO
WORLD
WWDジャパン
ZARA
ZOZO TOWN
アディダスジャパン
イブ・サンローラン
オンワード・クローゼット
ギャップ・ジャパン
グローバルワーク
しまむら
シャネル
ナノユニバース
ニコアンド
ノンノ
ベイクルーズ
ユニクロ
ライトオン
無印良品

時間の許す限りの、とにかくあるだけの公式アカウントを追加しました。

今回はこの38アカウントからくるメッセージ(プッシュ通知)の時間帯を調べて、特徴や分析結果をまとめていきたいと思います。

今回は、公式アカウントからメッセージが来る→その時間帯をスプレッドシートに各アカウントごとに記入という方法でデータを蓄積しました。

ファッションにおけるプッシュ通知における最適な時間帯とは

上の画像のように、全体の傾向を掴むために各公式アカウントが通知した時間帯を散布図にしてまとめてみました。

パッとみた感じですと、12:00−13:30の時間帯に結構集中している感じでしょうか。一方で何も青い点がない空白の時間帯も存在します。

次はもっと時間帯別に細かくみてみたいので、こちらの表にしてみました。

7:30-24:00までの時間帯を30分ごとに

・通知がきた時間帯のカウント数

・全体の通知における各時間帯のカウント数の割合

・時間帯ごとに順位をつける

をまとめてみました。

続いて、各時間帯の投稿の多い時間帯をランキング形式でまとめた表がこちらになります。

といった具合になっています。次はこちらの結果から言えることやわかったことをまとめてみました。

今回の分析から分かった、時間帯別の傾向やまとめ

今回の調査からわかったことはこんな感じです。

・朝の通勤時間(9:00-9:30)、昼休み(12:00-13:00)、退勤後(18:00-22:00)の時間帯がほとんどを占める。

・一方で、7:00-7:30、9:30-10:00、13:30-14:30、14:30-15:00、16:30-17:00、22:30-24:00といった時間帯の通知が一切ない。

・朝の通勤時間や昼休み、仕事終わりの時間帯に通知が集中している傾向にある。

といった具合に表面的な結果はこんな感じです。

さて、もっとも重要なことは今回の調査からどんなことが言えるのか、今後にどう生かすべきなのかということです。そこで仮説も含まれますが、今回のデータからどんなことが言えるのかまとめてみました。

今回のデータから言えること①

各公式アカウントが通知を避けている時間帯が存在する

7:00-7:30、9:30-10:00、13:30-14:30、14:30-15:00、16:30-17:00、22:30-24:00といった時間帯の共通点は仕事や学校の授業、睡眠といった時間帯であるためユーザーがそもそもスマホをみる母数が少ない時間帯であるため、極力この時間帯の通知や投稿は避けるべきと言える

今回のデータから言えること②

12:00-12:30、9:00-9:30の時間帯の投稿は全体の約30%を占めているため、多くのユーザーにリーチ(届ける)には最適な時間帯と言える。

今回のデータから言えること③

30分ごとでも通知の割合がかなりぶれる。

→12:00-12:30、9:00-9:30の時間帯の投稿は全体の約30%を占めているのに対して、12:30-13:00、9:30-10:00は全体の約5%に下がる。

今回のデータから言えること④

 

特に一番投稿数の多い12:00〜の時間帯の中でも、12:30-13:00と13:30-14:00の時間帯の投稿で前者に比べて後者は約1/3まで割合が下がる。

せっかく投稿するならお昼時は12:00-13:00がベスト。朝は9:00-9:30がベスト

デジタル時代における、投稿時間の重要さ

商品やイベントなどをユーザーに届ける手段として各企業はSNSやメディアといった手段をかなりの割合で用いています。このような告知やお知らせなどの投稿は、売り上げに直結してくるものであり、今日の時代ではかなり重要な手段の1つであることは間違い無いです。

せっかく、お知らせや告知をするなら、もっとも効率的で効果的な時間帯を知るべきだし、知らないとかなり損なので、ぜひ今回の結果をうまく利用してみてください!

もちろん、各メディアやブログ、企業によってみるユーザーの属性が変わるのは重々承知なので、こちらの分析結果と独自のユーザー調査などどと掛け合わせてもらうとかなり◎だと思います。

以上、「ファッションにおけるLINE@通知の時間帯と各ブランドの時間帯を分析してみた」という記事でした。

SPONSORED LINK