モテファッションや大量生産型ファッションのダサさについて。

嫌いな言葉は「モテファッション」

どうもOkamoto Kensukeです。

僕はファッションにおいてモテファッションという言葉が嫌いです。

モテファッションってなんか保守的というか、ただ置きにいってません

というかモテファションって単なる「大量生産ファション」となんら代わりないと思います。むしろ同義。

人それぞれファッションに対する考え方は違うことはもちろんわかっています。

でも僕はファッションって自己表現のためのツールで誰かの評価したものや流行っているものを着用するのではないんじゃないかと思います。

なのでみんなと同じ格好なんて本当につまらない。

モテファッションに違和感を感じているので僕なりにまとめておきたいのでここに記します。

モテファッションはむしろダサい

雑誌やネットに書いてあるようなモテファッションって単に置きにいってるファッションですよね?僕はそう思います。

そもそもモテファションってむしろ異性にウケはせず、むしろ「まあ普通〜それなり」と思われるファッションじゃないでしょうか。少なくともおしゃれとは思われないです。(大量生産してなくて自分の好きなファッションを貫いている人はもっとモテている気がするけど

特にそのもともと以前からそのようなファッションが好きだったり、その人にすごく合っていた場合は別ですが、基本的にモテファッション最高にダサいと思ってます。

なぜならそこに自分のこだわりというか個性が見えないから。超勿体無い。

もし今の服装に自信が持てないのであれば、アパレルの店員さんと相談して自分に似合うファッションを教えてもらう方がいいと思う。

いい店員さんはすごくたくさんいますよ。(いい店員さんの見分け方はこちらの記事に書いてあるのでよかったら参考にしてみてください。→現役ショップ店員が語る「お客様にとって、いい店員と悪い店員の見分け方」とは。

モテファッションという思考停止なファッションをするより自分の好きなファッションをしていた方が今以上にモテるはず。少なくとも僕はそっちの方がかっこいいと思うし、魅力を感じます。何かこだわっている人って魅力を感じるのは当然ですよね。

自分の好きなものを着ないと方がテンション上がらない

新しい服を初めて来た時

新しい靴を履いた時

すごくテンションが上がる瞬間ですよね。僕はファッションも同じで、自分の好きな格好をしている時が一番テンションが上がります。

服だけでそんな大げさなと思われるかもしれませんが、割と服で日々の生活は変わると本気で思っています。少なくとも今の僕を形成している部分で服の占める割合はすごく多いです。

テンション上がらない格好にパワー使ってる場合じゃないっすよほんと。

以上が僕のただの僕の偏見でした。

 

SPONSORED LINK