コーディネートの思考法。〜ファッションにおける引き算の考え方〜


どうも、こんにちは。

今日はファッション、特にコーディネートの際に役に立ちそうな思考法を共有したいと思います。

僕自身、今年の3月まで4年間アパレルの店員をしていたこともあり、腐る程オシャレな人を見てきました。

そんな方達をみて、もちろんファッションのコーディネートにおいてオシャレにはたくさんの種類がある。

その中でもシンプルなのにオシャレに見えるというコーディネートがありますよね。

そこで気づいてしまったのです。

シンプルなのにオシャレに見えるという彼らはコーディネートを決める際に「あれもこれも」といったいわゆる、とにかく足し算のようにベースになる服装に付け加えるといった方法はあまりとりません。

じゃあどんな方法で服選び、コーデを決めるのか。

それは数ある服やアクセサリーといった選択肢の中から、引き算のようにコーディネートを絞り込む考え方をしていたりするんですよ。

つまりファッションは引き算という意識を持っているのです。

個人的には好きな服をきてそれで満足ならばそれでいい(→好きな服を着よう) と思う派ですが、せっかく販売員をやってきたのでこういうコーデの考え方も記事にしてみた感じです。

せっかくならカッコよく着たいじゃないですか服を。

ということで、これからもう少し引き算の考え方を掘り下げてみましょう。

引き算という考え方を身につければ今より楽しくなる

ここでの引き算とはズバリ、コーデに関して余計な選択肢を減らすことです。

よくやりがちな、アクセサリー類で「せっかく買ったんだから身につけたい!」といった考えに至って全て身につけようとする人を想像してみてください。

たしかに、身につけたい気持ちはすごくわかります。

がしかし、物によってはコーディネート全体がぐちゃぐちゃしすぎてカオスな状況になってしまいます。結構いません?こういう人。とりあえずオシャレといわれている=トレンド類など服や小物をとりあえず身につける人。

その結果、服全体のバランスが悪くカオスなコーディネートになってしまいます。結構これやりがちなパターンの1つだったりするんです。

一方で引き算的な考え方でコーディネートを選ぶ人は服とのバランスをわかっている人が多いです。

例えば、「この服はこのアクセと相性が良いな」といった感じでそういったことを知っている。だから全体のバランスを考えて、あれもこれもとコーディネートに足し算したりしないんです。

このアクセや小物は今回のコーディネートには無くていい、無い方がいいと考えることができる人が引き算の考え方を身につけている方ですね。

どうやったら身につくか

引き算の考え方を身につけるためにはおおよそ3つの方法があります。

  1. コーディネートの中で主役を決める
  2. トレンドは1つだけに絞る
  3. アイテム同士の相性を知る

それでは、それぞれ少し詳しく解説していきます。

コーディネートの中で主役を決める

言い換えるとコーディネートの中での目立つところを決めるということです。

足し算をしすぎる方はコーデの中にバランスが取れていない方が多いです。その特徴としてはコーデの主役が定まっていないということ。

シンプルなオシャレさんの特徴はコーデの中に必ず主役がいます。

引き算スタイルではコーデの中で主役を決め、その主役を引き立たせるような配色や組み合わせを選びます。するとカオスなごちゃ混ぜのコーデからすっきりとしたシンプルなコーデ、けどオシャレに見えるということが可能になると思います。

トレンドは1つだけに絞る

トレンドはあれもこれもというより一部分に絞る方がおススメです。なぜなら、トレンドを一点に絞ることでコーディネートのバランスが取れるからです。

シンプルなコーデにはトレンドアイテムを一点どこかに取り入れるという手法がオススメです。というよりそうしたほうがいいかと。

アイテム同士の相性を知る

特に服の知識やアイテム同士のコーディネートによる相性を知るためにもファッションの知識を入れるのが効果的です。

これらの知識が引き算の思考法に大きく役立ちます。

こちらのファッションメディアとかかなりオススメですのでチェックしてみてください。わかりやすくまとめてます。(→情報収集に役立つ6つのファッションメディア

 

コーディネートに迷ったら引き算を意識してみよう。

コーディネートに迷ったりするとき。特にトレンドのアイテムをとりあえず身につけるだけ身につけてしまう方やコーディネートが迷走しすぎて悩んでいる方はとにかく引き算を意識することから始めてみてはいかがでしょうか?

どのアイテムを身につけるかという思考から身につけないアイテムを決めるという考え方に変えることができれば、従来のコーディネートよりもより、シンプルでかっこいい物になるはずです。

引き算の思考法の段階の方はとにかくたくさん服やアイテムをお持ちの方が多いと思います。この考え方さえ身につければ、すぐにバランスのとれたコーディネートを実践することができるのでとにかくやってみることをお勧めいたします。

 

SPONSORED LINK