現役アルバイトが語る、2年間働いてみてわかったセレクトショップの内情

こんにちは約2年間某セレクトブランドのショップで働いているkensuke okamoto(おっか)です。

f:id:kensukeokamoto:20170809185058j:plain

これからアパレルで働きたいと思っている方、セレクトショップ(ミドルブランド=中価格帯のお店)でも働いてみたいという方に向けて書いてみました。

前回の記事ファストファッションの働き方について書いたので、そこと比較しながら書いています。

今回はセレクトショップでの一年半前〜現在までの経験を踏まえて、働いている人商品業務内容の三点を伝えていきたいと思います!

働いている人の特徴 基本女社会

完全に僕の主観で書きますが、とにかくオシャレな人が多い印象です。さらに自分のスタイルを貫いていたり自分を持っている人が多い。(インスタグラムもオシャレ)

また服に結構お金をかける。

補足でお酒大好き。笑

基本的に女社会です。女性の発言力が強い。メンズの方は頑張りましょう笑

何事も言われる前に気づきましょう、察しましょう。

(ちなみに最近は女社会を経験しすぎてたまにそっちの方?とか聞かれますが僕は女の子が大好きです。)

商品

まず商品の最大の違いは大きく三つあります。

  1. セレクト商品がある
  2. 値段が比較的高め
  3. 商品の質がいい

この三点を説明します。

セレクト商品

ファストブランドとの最大の違いがセレクト商品(自分たちの商品じゃないもの)を扱っていることです。各ブランドごとにコンセプトに沿ったアイテムを入荷しており各ブランドによって特徴が出ます。ぶっちゃけ入荷している商品は各ブランドごとにそんな大差ないのが実情だったりします。(中にはそうじゃないところも)

そのため最近ではコラボ商品を打ち出して他店との差別化を図るブランドが多いです。実際にそれ目当てで入店されるお客様が多いです。

だがしかし!昔のセレクトに比べるとファストブランドの台頭もあり利益率の高い自社オリジナルブランドばかりで利益率の低いセレクト品は少なくなってきてるのが現状です(もはやセレクトじゃねえ。。)

値段が高め

当たり前の話ですがファストに比べて値段が高いです。ファストの平均値段は1000~5000円くらいに対してセレクトなどのミドルブランドはブランドにもよりますが10000~30000円くらいが体感です。

商品の質がいい

値段が高い分そうじゃなきゃ逆に困りますよね。。笑

ファスト商品はずっと長く使えるものを初めから想定していなくてワンシーズン(くらいの期間を想定して作ってます。(そう意味でユニクロはちょっと違う)

一方でミドルブランド商品は比較的毛羽立ちや型落ちが少ないです。少なくとも長い期間で使用できる商品が多いです。

現に古着屋でファスト商品の取り扱いってあまり見かけませんよね??一方でミドルブランドは結構取り扱いが多いですよね。そういうことなんです。(察して)

業務内容 接客

働き方が大きくちがうのは主に接客です。

セレクトブランドに行く時、店員がお客様に対してめっちゃ話しかけてきた経験ありますよね??

逆にファストブランドでは自分から店員さんに話しかけない限りそういったことはほぼないです。

そうなんです、こういった商品を売る際の接客の有無が最大の違いです。

ではどんな接客をしているの??

主に二つ挙げます。

  1. お客様のニーズに合わせたスタイル提案
  2. 接客を通じてお客様が求めているような商品の紹介

この二点を説明します。

お客様のニーズに合わせたスタイル提案

僕たち販売員はただ服を売るのではなくその方にあったスタイルの提案を心がけています。(少なくとも僕はそうするようにしています)

そのため接客などのコミュニケーションを通じてお客様に合うスタイルを提案するのです。

そのため商品知識はもちろん売り場内の商品をどうやって組み合わせるか、なぜこういう組み合わせがいいのかをちゃんと説明できる、納得させるスキルが必要不可欠です。

接客を通じてお客様が求めているような商品の紹介

1と近いですが、お客様が全員コーディネート一式を求めているわけではないので普段どんな服を着ているのか、その服に合わせるとしたらこんな商品いいですよ、といった商品紹介の接客もよくします。

このようなことをするために自然なコミュニケーションの中でお客様の普段のスタイルを汲み取ることがめちゃめちゃ重要です。

まとめ

現在進行形で、ECなどの売り上げや、ファストファッションの台頭からわかるようにリアル店舗でのミドルブランドの購入が難しくなっている状況です。

そのためリアル店舗での購入理由に店員自身の存在がなくてはどんどん売れなくなってしまっていると思います。(一方でそこが最大の強み)

そのため販売員は購入理由が自分自身になるためにもお客様に信頼されるような接客をしなくてはいけないと思います。(もはや営業に近いレベルで

最後一言、充実感の塊な日々です

いろいろ書きましたが販売員めっちゃ楽しいです。

接客を通じてお客様に感謝されたり、新しいスタイルや、その方にあったスタイルを提供して後日リピーターとしてきてくれたり、やりがいが半端ないです。

この記事を通じて少しでもここでの働き方や、自分の感じている思いなどが伝わってくれていたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です